BLAME!(ブラム)映画公開

どーも、こんにちは!
otabyと申します!

ヤバいです!
テンション上がってます!

なぜって?

僕が大好きな漫画BLAME!が今日から映画公開なんですよ!

これは居ても立ってもいられません!

こんなコアな漫画を映画化できるなんて日本のアニメ業界は今全盛期です!
僕の中で。

BLAME!って何?聞いた事ないんだけど。という方かなり多いと思います。

BLAME!とは、弍瓶勉さんがアフタヌーンで連載していたSF漫画です。
その独特の世界観、発想力で一部の層から絶大な人気のある作者さんです。
最近で言うとシドニアの騎士ってアニメの原作者さんです。
SF好きな人は絶対に見た方がいいです!絶対にハマります!

SFとか苦手なんだよなーて人も見てみて欲しいです。作画が非常に細かくて繊細なので映像作品として見て絶対に後悔しないです。

内容も到ってシンプルなんで見易いですよ。

主人公霧亥がネット端末遺伝子を探す旅

これだけです。

あらすじだけ説明させてもらうとですね、舞台は大地を離れた回廊世界で、それをネットを通じて管理している統治局という組織があるのですが、そのネットワークが混沌状態になり暴走。管理のできない無限回廊として成長し続ける世界を止めるためには、ネットに接続できるネット端末遺伝子を持った人間が必要なんです。

なんだ簡単じゃん!て思うかもしれませんが、ネットが混沌状態になり、果てしない時間が経っていて、汚染されていないネット端末遺伝子を探すのはまあ、大変!宝くじ前後賞合わせて当たるより確率低いです。
しかも人間を殺したり汚染したりする珪素生物っていう人間辞めた頭おかしいのが邪魔してるし、
人間守る筈の統治局のシステム、セーフガードっていう簡単に言うと警察みたいなのがネット端末遺伝子持ってない人間は全部排除しないとと無限メダパニ状態でせっせか頑張ってくれてるので、普通の人間は生きてくのもままならないんですよ。

そんな世界を安定させるために、主人公霧亥がネット端末遺伝子を探して旅をするお話し。


20年も前の作品なんですけど、今見てもまあ面白い!

以前映像化っていってOVA も出てましたが、原作を知っている一部のファンの為のコアな作品でした。知らない人が見ても、なにこれ?で終わるレベル。

しかし、今回の映画はかなり期待できそう!

制作スタッフもシドニアのスタッフメインですので、シドニアの騎士面白かったと思ってくれたのなら、絶対に面白いはず!

そしてなにより、声優陣が豪華すぎる!

霧亥・・・櫻井孝宏

シボ・・・花澤香菜

づる・・・雨宮天

おやっさん・・・山地和弘

捨造・・・宮野真守

タエ・・・洲崎綾

フサタ・・・島崎信長

アツジ・・・梶裕貴

統治局・・・豊崎愛生

サナカン・・・早見早織


全員主役級の有名声優さんばかり!

櫻井さんが霧亥は本当に素晴らしいキャスティング!映画化どうかな?と思ってましたが、このキャスティングを見て絶対に見に行くのを確信しました。

1つ気になるのはサナカン役が早見早織さん。

早見さんはすごく可愛らしい雰囲気の声優さんです。僕が知ったのは赤髪の白雪姫の主役白雪の時です。もうね、癒し系過ぎるんですよ!そんな早見さんがどんな風にサナカンするのか想像つきませんが楽しみです!

しかし、

こんなに押されてるのになぜ?
なぜ2週間限定なのか?



御見聞有り難う御座いました。